fbpx

ブログ メルマガ

従業員の管理手法が「量から質へ」変わる

自分が思った、コロナ騒動後に変わってしまうかもしれないと思うこと第3弾です。

従業員の管理手法が変わる

第1弾では「オフィスが変わる」で第2弾では、「コミュニケーションの方法が変わる」ということでした。

 

第3弾では「管理手法が変わる」です

これまでの労務管理。

その中でも、働いている時間をどう管理していたかといえば、オフィスに来るかどうかです。

タイムカードもあれば、システムへのログイン状態のチェックもあれば、物理的な記録をしていないという会社もあるでしょう。

テレワークになったら、労務管理はどうすれば良いのでしょうか?

  • タイムカードだけ押して寝てるかも?
  • ログインだけしてテレビ見てるかも?
  • ラジオ聴きながらの仕事は非常識だ!
  • 気晴らしに散歩するなんてけしからん!

従業員を疑って、こんなことを言い始めたらキリがありません。

Webカメラを従業員の自宅に設置して、上司がずーっと監視しますか?

それとも、従業員が自宅で離席したらアラートが上がるシステムでも導入しますか?

たぶん、そのような管理手法は過去の遺物になるのかもしれません。

 

ポストコロナの管理手法

ポストコロナの管理手法は、自由裁量か管理しないかになるかもしれません。

労務管理は自由裁量にして、全く違う尺度で管理するのが主流になるのかもしれません。

時間という労働の量ではなく、成果という労働の質を管理するように変化するのかもしれません。

  • 労働の質をどのように定量的に測るのか?
  • 労働の質をどのように公平に測るのか?

上司やマネージャーの仕事の質や、上司やマネージャーの労働の質はどのように変わって、どのように評価されるのか?

個人的には、こんな感じかなーというパラダイムシフトの方法が浮かんでいますが、それもちゃんと運用できるかは不明です。

いずれにしても、以下のような移行は起きるのだと思います。

  • メンバーの労働管理は量から質に移行する
  • メンバーの労働評価は量から質に移行する
  • 上司の労働管理は量から質に移行する
  • 上司の労働評価は量から質に移行する

今の業務プロセスで、このように移行することができますか?

今の制度でこのように移行することができますか?

移行できなければ、変化に対応できなかった企業として、終わりを告げるかもしれません。

コロナ騒動を見てみても、何が正しくて、何が間違っているなんて誰にもわかりません。

 

とにかく、やってみる

とにかく、やってみる。
やってみて違っていれば修正する

やってみてあっていたら続ける

こんな感じで、経営を進めても良いのかもしれませんよね。

-ブログ, メルマガ

Copyright© thankit , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.