代表メッセージ

代表者からのメッセージ

私は、長らくIT業界でマーケティングやビジネス開発をしてきた中である疑問を感じていました。

それは、「IT投資は企業価値にどれほどの貢献をしているのか?」ということでした。

マサチューセッツ工科大学スローンスクールのエリック・ブリニョルフソン教授は、IT投資と生産性に正の相関があることを証明しましたが、エリック教授は、IT投資だけでは企業価値は向上しないとし、モチベーションや社員教育、業務プロセスの改善、組織文化などの組織的資本にも投資されていないとIT投資は効果的な投資にならないという研究結果を発表しました。

直近20年間ぐらい日本の一人当たりのGDPは向上することが無いにも関わらず、日本のIT投資額は2.5倍にもなっているという事実に触れて、私はシステム開発よりも組織を開発することの方が重要で、システム開始より先に組織を開発する方が重要だと思ったのです。

一方、ヒト・モノ・カネ・情報が四大経営資源と言われていますが、先行き不透明で予測困難な社会においてでも企業が生き残っていくためには、柔軟に変化出来る「ヒト」が重要であり、そのような「ヒト」で形成されている「組織」が最も重要なのです。

ポジティブ心理学を研究しているノースカロライナ大学教授のバーバラ・フレドリクソン博士は、「拡張-形成理論」を提唱して、ポジティブ感情があると、人は気分が安らいで心が開放的になり、生産性・創造性を引き出すことができると言っています。

つまり、働く人がポジティブ感情やポジティブ経験を持つことがとても重要で、組織にとってもポジティブ感情やポジティブ経験が豊富な人材が大勢いることが最大の資産であり企業価値を持続的に高めるのだと思うのです。

「ポジティブな社会を創る」ことをミッションとしているサンクイット社は、より多くの働く人がポジティブ感情を持って、前向きで笑顔に働くことを目指しています。

 

株式会社サンクイット

代表取締役 寺澤慎祐

 

 

 

 

 

Copyright© thankit , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.