組織をポジティブチェンジさせる3つのステップ

1. 組織の状態を可視化

チームに対するエンゲージメント、仕事に対するエンゲージメントなど組織の状態を見える化して定量的に把握します。

2. 組織をポジティブに変容

ポジティブアプローチを使ってお客様の組織に合わせたテーラーメイドの手法で組織をポジティブに変容させます。

3. 組織と経営の相関を可視化

組織の状態は経営状況の先行指標です。組織の状態と経営状況の相関を見える化することで経営判断を精緻化できます。

STEP 1

組織の状態を可視化

サンクイット社のエンゲージメント分析は、従業員の方に簡単なサーベイに参加してもらい、その回答結果を当社独自のエンゲージメントモデル分析(SEMEA:Structural Equation Modeling Engagement Analysis)を使って組織のエンゲージメントレベルを見える化します。組織のエンゲージメントに影響する要素は様々ですので、組織の強み、組織にとっての改善点などを把握することができます。

 

 

 

 

STEP 2

組織をポジティブに変容

組織をポジティブに変容するためのサンクイット社のサービスは全てポジティブアプローチです。そしてポジティブアプローチを使ったITサービスが「thankit」というオンライン・サンクスカードというサービスです。thankitは、チームメンバーの行動を認めて存在自体に感謝して、認めた行動を誉めて、誉められた人は認めて誉めてくれた人に感謝するという非常にシンプルなサービスです。同様なサービスには多くの機能が盛り込まれていますが、シンプルなサービスであることに意義があります。その他にもPositiveLog、HAKKYなどのITサービスがあります。

 

STEP 3

組織と経営の相関を可視化

サンクイット社のエンゲージメントインデックスボードは、可視化され定量的に見える組織の状態とお客様がKPI(キーとなる業績指標)とする経営指標との相関を見える化します。従業員によるチームへのエンゲージメントや仕事へのエンゲージメントが向上すると業績向上にも好影響であることは証明されていますが、実際に自分の組織はどのような状態で、その結果業績はどのように左右されるかが経営者の関心です。サンクイット社では経営者の立場で必要な経営指標とエンゲージメントの相関モデルを開発して見える化します。

 

 

組織を可視化するメリット

可視化できなければ手が打てない

ビデオで自分のゴルフスイングを見て初めてわかった、英語力のテストを受けて実力がわかった、このように評価しやすいものでも可視化しなければ正確にはわかりません。自分の特徴や組織の状態のようなものは従来は可視化しにくかったのですが、可視化さえできれば正確に改善施策ができるのです。

強み弱み分析をしないこと

従来型の分析ツールは組織の強みと弱みを可視化して、弱みを改善するというギャップアプローチな問題解決策を採用します。サンクイット社のエンゲージメント分析は組織の強みを可視化することに重点を置き、問題点や弱点については着目しません。これが強みを活かすポジティブアプローチなのです。

   
管理者不在で内省が進む

従来型の分析ツールは管理者がいて人や組織を管理する方式です。権力や責任者がある管理者という人が組織の状態を可視化して改善を試みるのです。これではこれまでと変わらず「あなた管理する人、私、管理される人」というパラダイムは変わりません。サンクイット社のアプローチは、全員に権力があり責任があり主体的であることを目指すため、分析ツールの結果は全員が見ることができて結果を共有して内省を進めることで組織の強みを最大化する方向へ導きます。

組織をポジティブに変容するメリット

人材の離職を防げる

従業員の仕事へのエンゲージメント、組織へのエンゲージメントが高まると離職率が低減することが証明されています。離職原因の多くは人間関係、仕事内容、労働条件(賃金、休暇、労働時間など)です。知的労働者は金銭的報酬もさることながら意味の報酬(心の報酬)が必要だと言われ昔ながらの「ニンジンぶら下げ作戦」だけでは持続的な成長を見込めません。ポジティブアプローチで従業員の存在価値や行動を認めて誉めることで意味の報酬が増えて離職率が下がります。

リーダーシップの発揮

リーダーシップはメンバーをリードするという意味ではなく主体性を発揮するということです。つまり、新入社員にも部下がいなくてもリーダーシップは必要なのです。主体性というリーダーシップがあることで、他者への心遣いや同情、配慮や共感、理解が醸成され他人の仕事を手伝う、良かれと思って行う役割外行動が増えます。

なんてたって楽しい

「しかめっ面で嫌な仕事がしたい?」それとも「楽しく笑顔で仕事がしたい?」サンクイット社は当然ながら「楽しく笑顔で仕事がしたい!」を支持します。組織をポジティブに変容するから楽しく笑顔で仕事ができるのか、楽しく笑顔で仕事ができるから組織をポジティブに変容できるのは「鶏と卵」だと思われがちですが、サンクイット社は「楽しく笑顔で仕事ができるから組織をポジティブに変容できる」と考えます。とにかく笑顔でメンバーの存在を認めて誉めて感謝するこの3つの行動を素直にやることでエンゲージメントを向上させます。

組織と経営の相関を可視化するメリット

要因を知ること

組織の状態がよくなり、従業員の仕事へのエンゲージメント、組織へのエンゲージメントが高まると業績が向上するというのは、学術的な研究でも証明されています。つまり、組織の状態というのは業績の先行指標になるということです。先行指標とは、過去の結果である売上や利益などの数値が将来どのように反応するかを示唆する数値で、例えば、顧客満足度・従業員満足度・リピート率・新規顧客獲得件数・パイプライン数・研究開発費増加率などがあります。組織の状態をリアルタイムで把握できれば業績の低迷を一足早く知ることができます。

   
部門ごとの遠因を分析できる

単純な業績を表す売上や利益、売上や利益の遠因となる顧客満足度・リピート率・新規顧客獲得件数・新商品比率・案件数について責任がある担当部門のエンゲージメントレベルが可視化できれば、売上や利益、遠因などのトレンドが下降傾向であれば担当部門に対する解決策を講じることができます。

   

組織をポジティブに変容するITサービス

ONLINEサンクスカード

thankitは、サンクスカードをオンラインでやりとりできるサービスです。リーダーとチームメンバーが相互に認める、誉める、感謝するというシンプルですが価値ある行動とることでポジティブな対話を作り出しポジティブな組織に変容させることができます。

ココロの週報

PositiveLogは、心理的な安全環境を創り出すサービスです。他メンバーへの心遣いや同情、配慮や共感、理解があるような安らかな雰囲気をチーム内に育み、メンバーが余計なストレスを感じることなく、主体性を発揮し、役割外行動を行い楽しく仕事ができるようになります。

本領発揮の支援

HAKKYは、従業員が自分の本領を存分に発揮できるように支援するサービスです。従業員が生まれながら保有している強みや役割や特性、過去の経験から獲得した強みや役割や特性を見える化して、従業員が強みや役割や特性に合わせた人材配置を支援します。人は得意なことをするときに効率が最大化します。

ポジティブチェンジをサポートするファシリテーション

コンサルティングはしません

サンクイット社では組織変革の効果的なメソッドであるポジティブアプローチ「アプリシエイティブ・インクワイアリー」を活用したファシリテーションをご提供しています。

サンクイット社では、コンサルティングではなくファシリテーションと呼んでいます。

その理由は、従来のコンサルティングは「あるべき姿」を「第三者であるコンサルタントがもたらす」パラダイムですが、サンクイット社のファシリテーションは「ありたい姿」を「お客様自身がファシリテータと共に作り出す」パラダイムです。

コンサルティングはややもするとコンサルタントが不在になると元通りになってしまう懸念がありますが、ファシリテーションは最初こそファシリテータのリードが必要かもしれませんが、次第にお客様自身が自走することができるようになるのです。

 

ポジティブファシリテーション

組織をポジティブに変容させるITサービスであるthankit、PositiveLog、HAKKYは、ポジティブ心理学、社会構成主義、成功循環モデル、ワークエンゲージメントなどの学術的研究を背景に開発されていますが、これらITサービスのようなデジタルなアプローチをした上で、アナログ的なアプローチも必要となってきます。毎月や毎週のような一定期間におけるワークショップやポジティブリーダシップなどのコーチングなどを実施することで、リーダー、メンバー、組織が変容します。

サンクイット社はお客様のステータスやビジネスモデルに合わせた組織の変容方法をご提案して組織をポジティブに変容させます。

ビジネスポジティブ心理学&エンゲージメントメディア ほめほめクラブ

ポジティブ心理学、組織開発、アプリシエイティブ・インクワイアリー、モチベーション、エンゲージメント、従業員エンゲージメント、ワークエンゲージメント、チームエンゲージメント、ホールシステムアプローチなどの最新情報やイベントの情報を提供してます。

感謝を送ろう「サンクイットフォワード」プロジェクトについて

サンクイット社では、CSR(企業の社会的責任)として「サンクフォワードプロジェクト」を推進しています。

サンクイットは組織をポジティブに変容することを目的として、組織内のメンバーですのでメールアドレスなどで個人を特定できます。しかし、従業員の「良いとこ」「長所」「素晴らしい行動」「誇らしい行動」を発見して誉めるという行動を、組織外でも行うとしたら、物理的なサンクイットカードを渡すことだと思いました。

当社は、「良いとこ探し運動」であるサンクフォワードを推進して、この運動に賛同してくれる人に無料でサンクイットカードをご提供しています。

皆さんも是非社会をポジティブに変革する行動にご参加ください!