fbpx

キーワード

アプリシエイティブ・インクワイアリー

アプリシエイティブ・インクワイアリーとは

アプリシエイティブ・インクワイアリーは、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学のデービッド・クーパーライダー教授、タオス・インスティチュートのダイアナ・ホイットニー氏らにより、1987年に提唱された、個人や組織の真の価値を肯定的な質問によって発見して個人や組織の可能性を最大限に引き出す手法です。

アプリシエイティブ・インクワイアリーという名前の通り、問いや探求(インクワイアリー)により、個人や組織の価値・強み・真価を発見して認め(アプリシエイティブ)、それらの価値の可能性を最大限に生かすことで効果的に組織の能力を発揮する仕組みを生み出すプロセスです。

 

アプリシエイティブ・インクワイアリーが求められる背景

現代は「VUCAの時代」と言われるように、変化が激しく複雑性が増し予測困難な時代ですので、組織が成長に向けて変革していくには、組織自体が自律的かつ主体的に課題を発見し解決し新しい未来を創り出す必要があります。

アプリシエイティブ・インクワイアリーはいわゆる自己組織化を創り出すプロセスですので、VUCA時代には最適な組織変革プロセスです。

 

 

ポジティブチェンジワークショップの4Dサイクル

ポジティブチェンジワークショップは、アプリシエイティブ・インクワイアリーの「4Dサイクル」と同じようなプロセスで進めます。

Discover(発見)

過去や現状における成功体験や誇らしい経験、良かったことなどについてインタビューを行い、個人や組織が潜在的に持っている強みを見い出します。

Dream(夢)

Discoverフェーズで確認した組織や自分の持つ長所や内在する可能性をベースにして自分や組織の理想像・ビジョン・ありたい姿を描きます。このフェーズでは、費用・場所・時間・資源などを一旦取り払って最大限の姿を描くことがポイントです。

Design(設計)

Dreamフェーズで描いた自分や組織の理想像・ビジョン・ありたい姿を共有し、自分たちの可能性を最大限に生かした組織の姿を具体的に設計します。このフェーズでは、具体的にできそうなことを言語化・可視化することがポイントです。

Destiny(実行)

Designフェースで設計した、成功要因や強みを活用して現状から描いた理想像の実現に向けて行動して継続的に取り組みます。このフェーズでは継続的に取り組むことがポイントです。
アプリシエイティブ・インクワイアリーでは、Destinyフェーズにそれほど力点がありませんが、当社のポジティブチェンジは、このDestinyフェーズにも力点を置き、組織が変容していくことを具体的かつ継続的な活動を支援します。

 

 

-キーワード

Copyright© thankit , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.